KSR HOMEへ戻る
KSR株式会社 お問い合わせ eValue NS2

マルチデバイス対応

モバイル活用でワークスタイルを変革

スマートデバイス市場の急激な発展や勤務形態の変化により、グループウェアをモバイルで活用したいとのニーズが高まっています。「eValue NS」では、携帯性に優れたiPadやAndroidタブレット端末から、PC同様に利用できます。iPhoneやAndroid端末には、特に使用頻度の高い機能を選別し、最適化した画面デザインで提供しています。

これまでオプション扱いだったモバイル機能が2nd Editionより標準機能に組み込まれたことにより、いつでもどこでも社内で運用中のeValue NSに安全にアクセスして、時間の有効活用と業務効率向上を推進します。

タブレットからの利用

タブレット端末のビジネス利用が本格化したことを受け、eValueNSの充実の機能が、タブレット端末でもPC同様に使用可能となりました。 社内外を問わず、メールやスケジュール管理だけでなく、共有ドキュメントの閲覧、申請・承認など、統合型グループウェアのフル機能を幅広くご活用でいただけます。

タッチオペレーションに対応

ピンチアウト/ピンチインによる拡大縮小や、スワイプによる画面移動、フリックによる改ページなど、タブレット端末ならではのタッチオペレーションで、快適に使えます。

"見(魅)せる"ツールとして幅広く活用

タブレット端末は、他の人に"見(魅)せる"ツールとしても有効です。例えば社内のドキュメント管理に登録されているプレゼン資料などを、店頭やお客様先で"見(魅)せる"ことにより、訴求力が向上します。使用端末が変わるだけで、グループウェア活用の幅が格段に広がります。

スマートフォンからの利用

いつでもどこでも使える携帯性に優れたiPhoneやAndroid端末向けに、グループウェアの中でも特に使用頻度の高い機能を選別して提供します。 画面デザインもeValue NS専用ブラウザを採用し、スマートフォンの小さな画面に最適化しています。