KSR HOMEへ戻る
KSR株式会社 お問い合わせ eValue NS2

ワークフロー

機能概要

eValue NS ワークフローは、申請・承認の電子化で、業務プロセスの標準化をサポーするシステムです。「帳票の電子化」をはじめ、申請フォームに承認ルートや運用ルールを埋め込む「簡ルート管理」で業務プロセスを標準化し、「内部統制」の実現を支援します。

使いやすい申請フォームを簡単に作成し帳票を電子化

【Point】高度なフォームカスタマイズ
開発経験のあるお客様向けに、Webサービスを使った基幹 連携などの高度なフォームカスタマイズが行える開発キット 「ワークフロー SDK(オプション製品)」も提供

分類 サンプルフォーム
人事関連 住所変更届、資格取得申請、名刺発注申請、通勤経路変更届、結婚届、退職届など
給与関連 給与口座変更届、扶養家族変更届、月次勤怠届、勤怠・残業申請、育児休業申請など
経理関連 出張申請、出張清算、仮払申請、仮払清算、小口・旅費清算、出金伝票申請など
情報システム関連 IPアドレス取得申請、E-Mailアドレス登録申請、機材持込・持出申請など
資産関連 紛失事故報告届、物品購入申請など
稟議関連 汎用稟議書、企画書など
その他 新聞・雑誌購入申請、人間ドック申込、セミナー受講申請、社内施設使用申請など

様々な承認パターンに対応できる柔軟な承認ルート構築機能

リアルタイムでの決済状況の共有

承認ルート上の申請者・中間承認者・最終承認者は、アイコンで進捗がわかるビジュアルな一覧で決裁状況を共有

フォームごとに、承認ルート外の第三者に権限を与えて、申請データを公開することが可能

申請データの再利用

蓄積された申請データをCSVとして出力することで、基幹系システムなどでの再利用を実現


【Point】外部アプリケーションの承認エンジンとしても活用可能
XMLWebサービスインターフェースを備え、「ワークフローSDK(オプション製品)」に含まれるSDK資料で仕様公開しているため、外部アプリケーションからeValueNSの申請・承認を利用するよう、お客様独自の開発が可能

モバイル活用