KSR HOMEへ戻る
営業倉庫版 お問い合わせ

 Klog21の特長及び導入効果
以下のような特長、導入効果が期待できます。
RIA(Rich Internet Application)の採用
  • 自由度の高い操作性や視覚的なわかりやすさを実現
  • 導入や更新などの運用管理コストが低く抑えられるシステム
  • デスクトップ・アプリケーションと同等の機能や操作性を実現
  • ネットワーク負荷、サーバー負荷が少ない
集中管理
  • 本社、データセンターで複数荷主・複数倉庫の集中管理が可能
  • 物流センターごとにサーバー機器を導入する必要がなく、ローコスト運用が可能
  • ログインID、パスワード管理でセキュリティも確保
物流センターのリアルタイムな「見える化」を推進
1.在庫の「見える化」
  • 今が見えるリアルタイム在庫管理
  • ロケーション別、ロット別在庫照会機能
  • 入荷、入庫、出荷、在庫移動などでのハンディターミナルによるスキャン・チェックで在庫精度が向上
2.作業の「見える化」
  • 入荷、入庫、出荷、棚卸のリアルタイムな作業進捗画面を準備
  • きめ細やかな出荷ステータス管理
  • 担当者ごとの作業実績レポート出力機能
3.きめ細やかなロケーション管理
4.無線ハンディターミナルの採用
  • WMS(物流倉庫管理システム)と無線ハンディターミナルがリアルタイムに連携
  • 作業効率、作業品質を大幅に改善
  • ピック&チェックで作業時間を大幅に削減
5.賞味期限管理
  • 仕入れ先出し機能では、アイテムごとの〔ロット管理〕区分の設定により、賞味期限、製造日、入荷日での在庫日付管理が可能
  • ロット(日付)の逆転チェックを実装
  • どこにどの商品を出荷したのかが追跡できる機能を実装
©2015 KSR CO,.LTD.