情報セキュリティ基本方針|KSR株式会社

情報セキュリティ基本方針

KSR株式会社(以下「当社」といいます)は、情報資産を事故、犯罪等の脅威から守り、社会から信頼の得られる健全な経営活動を推進することを目的として「情報セキュリティ基本方針」を定め、情報セキュリティ管理体制の維持に努めます。

  1. 当社は、保有する全ての情報資産および情報資産に係る役員、従業員、派遣社員、業務委託先等(以下「従業者」といいます)を情報リスク管理の対象といたします。
  2. 当社は、本基本方針の理解と実践のため、情報セキュリティポリシーを策定し、従業者に対し周知徹底を図るとともに定期的に情報セキュリティ教育を行います。
  3. 当社は、情報資産への不正侵入、漏洩、改ざん、紛失、破壊等が発生しないよう、その設備、入退室、装置・機器等の管理面における対策を講じます。
  4. 当社は、情報セキュリティ事故の発生防止に努めるとともに万一事故が発生した場合、再発防止策を含む適切な対応を行います。また事故、機器の故障、自然災害によって事業活動が中断または停止しないよう適切な予防措置を講じます。
  5. 当社の従業者は、情報セキュリティの重要性を認識し情報資産の利用にあたっては、お客様との契約および本基本方針ならびに法令その他の規範を遵守いたします。違反した場合、就業規則違反等により懲戒ならびに法的措置の対象とします。

2018年6月12日

KSR株式会社
代表取締役社長 小野 隆夫

ページトップへ